月の女神

昨夜、月の女神が現れました。

 

お月さまに導かれたので、月の女神とお月さまへ。

 

月の女神は、ただ手を合せていらっしゃる。

 

なんだろう・・と考えていると、「慈悲」が心の中に入ってきました。

 

そういうことか。

 

お月さまの光を第5チャクラである愛のチャクラへたくさん取り込んだ。

 

そうですね、慈悲の愛は、誰にもわからないほどの想いを汲んでいかねばなりません。

 

例えば、犯罪者に対しても、愛をもってその方の御幸せを祈る心。

 

観音様もマリア様も、すべての人に温かい慈悲の愛で見守っていてくださる。

 

ご指導の先生も、

 

「例え犯罪者だとしても、神の御心に従って救って差し上げ導いて差し上げるまでです」

 

そのように仰っています。

 

私のそのつもりです。

 

慈悲というのは、理屈ではなく想いです。

 

ただただ、その方のことを想い祈って差し上げる深さ。

 

それは、生きている人間に対しても、御霊に対しても同じです。

 

月の女神は、私にいろんな想いを伝えてくれました。

 

そのあと、私に憑いている白龍と目の前に座っているダディと対話をした。

 

太陽の神々様、ガネーシャ、ガイドである僧侶様たちも、

 

いつもいつもどんなときも、私を導き見守っていてくださっている。

 

最後に地底に入り込んだら、地底人ではなく、インディアンがいました。

 

新しいガイドなのかはわからないけれど、地球のメッセージを私に伝えてきた。

 

神様、あと1割、あと1割のお導きをください。

 

ありがとうございます。

 

 

愛と感謝をこめて♡

シェリー

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください