ジュピター・4月14日

いつもありがとうございます♡

 

ここ最近、何気に激務で(笑)更新から遠ざかっておりますが、

 

縁者さま皆さまが日々幸せでありますように

 

神様への祈りは捧げておりますのでご安心くださいね♡

 

今月、珍しく火曜日にセッション可能でございます。

 

4月26日 13:00~ご希望の方はご連絡お待ちしております。

 

 

さてさて。

 

来月、神霊家としてのお役目で在る場所に向かいます。

 

その場所に御鎮座されていらっしゃる神様に呼ばれました。

 

その場所では、多くのスピリチュアルな方々が来ては、

 

解放したり封印したり、様々なことをされているようです。

 

この話を聴いたときになんとも言えない気持ちになりました。

 

その場所は、古来より伝授された方以外、

 

やってはならない儀式などがあります。

 

世界中の神聖な場所も同じですが、

 

その場所に生まれ育ち、儀式を伝授された人だけが許されているモノを

 

スピリチュアルに目覚めている方々が、

 

その土地を護り住まわれている酋長たちに許可なく様々なことをされるということは、

 

絶対にあってはならないことだと思うのです。

 

今回、私がその場所に呼ばれたのは私が何かをするということではありません。

 

私を御守護下さっている神々様と共にその場所へ向かい、

 

その土地の乱れてしまった様々な部分を神々様が浄化し清浄に整えるために向かいます。

 

わかりやくす言うと神様のお手伝いです。

 

例えば、貴女様が友人を助けたいという想いで神社にお連れするとします。

 

神様のところへお連れしたということは貴女様が神様のお手伝いをした、ということになります。

 

神様はその場所に御鎮座されていらっしゃいますから

 

その場所にお連れしたことで神様のお手伝いになるのです。

 

※神様のお手伝いの真意についてはお問合わせください。

 

 

 

今まで私が入ることのできなかった場所が2箇所あります。

 

一つ目は、長野県安曇野にある、大王わさび農園。

 

御本殿の前にある鳥居をくぐろうとしたとき、

 

『よそ者の私が入ってはならない』と強く感じました。

 

この場所は古くから安曇野に住む方々が大切にされてきた場所。

 

よそ者の私が入ってはならないと感じたので鳥居の前で手を合わせ一礼ご挨拶して帰りました。

 

 

二つ目は、大島にある龍王神社。

 

どれくらい昔から大切にされてきたのだろうか。

 

大島に住まわれている方々が、ずーーっと大切にされてきたところ。

 

とてもじゃないけど入ることなんて出来なかった。

 

でも、神様や龍神様は温かく私を包み込んでくれました。

 

 

 

今回、向かう場所も私の中では、覚悟して向かう、という気持ちがあります。

 

何に覚悟しているのか言葉で表すことはできないけれど

 

神事に関しては覚悟が必要です。

 

きっと、私の覚悟というのは、

 

神様が私を撰んでくださった感謝であったり、尊い御役目であるからこそ覚悟が必要なのです。

 

 

 

 

 

私がどこに向かうかについて今現在お伝えすることはできませんが、

 

その時まで自分なりに心身を整えておきたいと思います。

 

 

とくに、体力だな。。

 

 

 

すべてに感謝します♡

シェリー

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください