ハトホルたち


祈りから宇宙へ♡


そこは金星で神殿があってハトホルたちがいました。

ハトホルたちの前で

「自分の愛が小さい」と泣いている女の子。

よくよく見ると小さな小さな私自身だった。

後ろからそっと抱きしめてあげた。

抱き締めながら思い出した。

小さなころ、あまりにも辛くて辛くて、

金星にやってきてはハトホルたちの愛に癒されていたんだと。

涙が溢れてとまらない。

ハトホルは目の前に大きな扉を現して

「扉をあけて中に入りなさい」と、

私に指示をしてきたので中に入ってみた。

そこに、亡きダディがいた。

ダディは愛そのもので温かくて優しいの。

ダディの手を握ると身体中に温かい愛が伝わってくる。

タバコの香りとウィスキーの香り。

私はダディとの記憶がほとんど無いけど、

ダディはタバコとウィスキーの香りだった♡

「お前を愛している」抱き締められながらそう言ってくれた♡


ダディに癒されたあと、ダディとマミィと兄貴と、

家族4人に温かい愛があったころを、ハトホルたちは想い出させてくれた。

確かに、あの頃は温かい愛が家族にあったんだよね。

私が生まれて5年くらいは…。

ハトホルは、愛の存在だと言われています。

ハトホルの温かい愛に手を合わせて感謝♡



次に向かったのは海王星♡

海王星と同じように、地球でもすべての存在と調和すれば、

真実の愛がそこに生まれることを海王星が教えてくれました。





私は、太陽の娘。
すべてに愛を贈ります♡
シェリー

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください