春分の日


お彼岸・・特に調べたことはなかったけれど


どんな意味があるのかを調べてみました。


春分の日は、自然をたたえ、生物を慈しむ日、として


秋分の日は、祖先を敬い、亡くなった人々を偲ぶ日、として


国民の祝日に定められている、とありました。



私が神様と繋がったとき、私たちが生きる上で一番大切なのは


先祖供養であると教えられました。


それ以来、毎日がお彼岸とお盆でもあります。


毎朝、毎晩、先祖に感謝し手を合わせることの大切さを知り


祖先がいたからこそ今の自分がいるのだと体感しています。


私の父方家の先祖は、アフリカから奴隷狩りされてアメリカに渡り


奴隷として生きていた時代があります。


奴隷として生き、奴隷として生き抜いた先祖を誇りに思う。


私の魂には、奴隷でありながらも愛情を失わなかった祖先の魂が宿っています。


それを感じています。


先祖の魂を誇りにして、力強く生きていこうと決めています。



大変な苦労をされて亡くなった祖先の魂を癒していただくように


天に祈られてください。


現界と霊界を司られていらっしゃるのは神様です。


神様に手を合わせ、先祖の幸せを祈り


先祖に手を合わせ、霊界での幸せを天に祈りましょう。


この世で生きていく上で一番大切なことです。


魂は永遠であり、共に生きているのです。



貴女さまの魂も癒されますように祈ります。


愛と感謝をこめて♡

シェリー


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください