望み


子どものころ、

生きることが苦しくて苦しくて

苦しくて苦しくて苦しくて苦しくて、

小学校4年のときから中学まで、

包丁を手にして死ぬことだけを考えてた。

包丁を手首に当てる度に

「地球でやるべきことがある。だから死んではダメだ!」って、

いつも声が聴こえてた。

神様と対話するアタマがオカシイ小学生。

マリア様とイエス様と対話し

太陽神と対話していた変態な私。

母は大変だったと思う。

変態な私を精神病院に連れていかなかった母に

心から感謝します。

そりゃそうだ、

当時は精神病院に連れてってたら

大変な騒ぎだったに違いない。


さっき、地底人の酋長に呼ばれたので会いに行ってきた。

「お前の望みは何だ?」と聞かれたので、

純粋に私の望みを伝えてきた。

地球に生まれる前、

太陽の神々様から言われたことをやっと思い出した。

"辛いかもしれないけれど、

いつもどんなときも、

必ず見守っている。

苦しいとき、辛いときは、

太陽を見なさい。

必ずそばにいるから"…と。


この世に生まれてから8回、命を救われてきた。

神様に護られていなければ、

私はこの世にはいない。

今なお、私の身体には直径6cm程の

5つの腫瘍があるが、すべて良性。

今年の7月に見つかった。

で、「消してやる‼」って思った(笑)

自然治癒力を自分で高めていきつつ、

神様に病魔退散を祈ってきた。

多分、3つは消えた。

あれだけ酷い腰痛が消えたから、

それが証拠。

自分でわかる。

あともう少し。

気合いは入れない(笑)

神様に委ねつつ、私に必要なものは、

神様に教えていただきながら、

あと2つを消してやる(笑)


祈りは私のすべて。

どんなときも、どんなことも、

私は神様に祈る。

誰からも強要はされていないので、

今の私を知らない皆さん、

どうぞ安心してください(笑)


もしも、可愛い我が子が、

命に関わる病になったら、

誰もが可愛い我が子のために、

ただ、ただ、祈ると思う。

親は、我が子のために祈る。

それがすべての答えです。

私は、地球すべての人たちの幸せを

祈りたいから祈ってるだけ。

いいえ、祈らせていただけることが

幸せでなりませんの♡

神様からは、

"自分の幸せを祈りなさい"と言われる。

自分の幸せを祈るなんてできないけど、

みんなが幸せであることが、

私の幸せを祈ることに繋がるのかもしれない。


知人が脳腫瘍で余命1週間と言われたのが8月。

彼女のことを毎日祈り続けてる。

「神様、生きる力をお与えください」…と。

彼女に生きる力が生まれたとき病魔は退散し救われる。

私は祈りを信じる。


祈りは私のすべて♡
神様と向き合い、自分と向き合い、

すべての幸せを祈る大切な時間♡

すべてに感謝します。
ありがとう♡

愛と感謝を込めて♡
シェリー


クライアントさんよりお祝いをいただきました!
ありがとうございます。
1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください