第7チャクラ・サハスラーラ

 

●第7チャクラ(宝冠) 

【宇宙すべてのエネルギー】

前向きに人生を歩める・夢や希望が膨らむ

 

 

第7チャクラは、宇宙すべてと繋がれるチャクラです。

 

三次元(物質的世界)で生きていると、

 

宇宙とか眼には見えない存在である神様や御先祖様、

 

地球以外の生命を信じることはできなくなっていきます。(子供のころは信じていた)

 

眼に見える物質的なものだけを信じているので、

 

物質的なものが消えてしまったときに、ウツになりやすいとされています。

 

例えば男性の場合、大学卒業して社会人となり、平社員から係長→課長→部長になったとします。

 

部長になったころには、定年退職になります。

 

会社にいたときは、『部長!部長!部長!さずが部長!』と呼ばれていましたが、

 

退職後、誰も部長とは呼んでくれません。

 

趣味が無い人は、家で適当な扱いをされてしまい、

 

『自分の存在って何?』という気持ちになり、鬱になったり病気になったりします。

(すべての人がそうではありません)

 

または、自分で稼いで買った車や家もその人のステータスとなりますが、

 

あくまでも物質的な部分です。

 

そういった物資的資産を失ったときにも、

 

『自分を失ったと思い込んでしまい生きていく力を失ってしまいます。

 

そういった人に、神様や先祖の話をしても聞く耳を持つはずがありません。

 

私たちの世界は、8割のほとんどが、眼には見えないエネルギーで支配されているのです。

 

肉体を持って生存している生命は、ほんの一部に過ぎません。

 

魂の存在の方が私たちよりも想像をはるかに超えるくらい多く存在しています。

 

人生は確かに自分の人生なのですが、

 

生まれてくる前から歩む人生を自分で決めて生まれてきます。

 

それを知っている人は、

 

何があっても『すべては意味のあることだ』と受け止められることができるので、

 

どん底に陥ったとしても、這いあがれる力を持っています。

 

先進諸国で生きていると物質的なものや考え方に支配されやすくなります。

 

チベットの高地で生きている人たちは、じゃがいもやトウモロコシが主食です。

 

アフリカに生きている人たちはどうでしょうか?

 

食べるものがほんの少ししかなくても地球の恵みに感謝し元気に健康に生きています。

 

医学が発達した社会では、それだけでは栄養失調になると決めています。

 

悪いということを言っているのではありません。

 

地球上の大地や高地で生きている人たちの生きる知恵は、

 

先進諸国に生きる私たちに一番必要な知恵だと思います。

 

理論や理屈に支配されず、人間が本来の姿で生きていくための智慧さえあれば、

 

人生を豊かに生きていくことができるのです。

 

第7チャクラは、宇宙と繋がっています。

 

第1チャクラは地球と繋がるチャクラなので、地球としっかり繋がることができれば、

 

自然と宇宙と繋がって、自分に必要なことは

 

天がサポートをしてくれるということに気づくことができるのです。

 


Rainbow Meditationは、聴くだけで問答無用でチャクラが活性化させるCDです。

意識しながら聴いてもいいですし、意識しなくても自然とチャクラが元気になっていきます。

ご希望の方は下記よりお申込くださいませ。

 

 

Rainbow Meditation

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください