水の五徳

 

1.常に自ら進むべき道を探し求めるのが、水である。

2.自ら活動し他を動かすものが、水である。

3.障害に遭えば更にその勢力を倍加するのが、水である。

4.自ら清くして他の汚濁を洗い流し、その上で清濁併せ呑むは、水である。

5.岩もあり木も根もあれど、さらさら、ただ、さらさら流れるは、水である。

"最後は、この境地になれ"

 

 

水の五徳は六根清浄と同じ意。

 

なんて素晴らしい言葉だろう。


阿蘇の水にふれたい。

 

 

 

すべてに感謝します。

 

ありがとう♡

 

 

 

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください